不動産屋の仕事って成功報酬が基本なんです。(特に仲介は!)

だから、要は売れないとお金にならない。

さらに不動産の営業は歩合給の割合が多いので、多少無理にでも売ってしまおうという輩も増えてくる。

ここが不動産屋のイメージダウンを生むシステムなんだと思う

確かに成約しなければ報酬が発生しないと言うこと自体は良いことだと思えるのですが、極端な話、売れなければ給料が少ない営業マンにとってはとにかく売りたいので、結果お客様に「不動産屋さんって売れたらお仕舞いでしょ?」というイメージが根本的にある。

そんな中で、当社では色々な面で良くないので歩合給は付けていません。

また、会社の方針として「お客様とは一生お付き合いする覚悟で接する。」というのがあるのですが、その場の一時ではなく、『そこから始まりとして』、良い関係を築いて行こうと考えていれば、結果、懐の深い営業が出来るので実践しています。

ですから当社の決済後の最終の挨拶の時は、

『本日は誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。』

である。

話が少しそれてしまいましたが、と言うわけで当社ではお客様の本当にベストなものを考えてお奨めしたり、なぜこの物件が良いのかご説明するのですが、やはりすべてのお客様が当社で成約するとは限らないのが現実です。

そう言う意味で、せっかく色々とプロの良い知恵をアドバイスしているのに、他社で成約した方には、当社のアドバイスが少なからず参考になっていると思うので、そこが一番悔しいところなんです。

一度、ご成約いただいたお客様からは、必要以上にご支持頂いている当社のこの考えをもう少し広める方法何かないですかね。

超人気キラーブランドの始まりは、路地裏の小さなお店から・・・

お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!

失礼ながら、その売り方ではモノは売れません

この本↑読みましたがこの方すごいですね。すごく自然な発想で好感でした。