小利口な人は大成しない


僕の考えです。


細かなことは良く気付くけど


大局がイマイチ見えていない。


こんな人が小利口と考えています。



失敗する経営者に多いタイプが実はこの小利口タイプだと思います。


小利口タイプは組織や小さい会社ではそれなりに活躍できるかも知れませんが、


いざ独立したらその判断の甘さから、なかなか思うように上手く行かない人が多く、


またなんで上手く行かないのかも良く理解できていない人がいるのが


この小利口タイプだと思います。


自分がそうなのかどうか判断したければ起業後3年をみたら自ずと分かります。


僕自身以前からそう思ってきたので自分自身そうならないように気を付けて


おりましたが、最近そんな人がまた増えてきたので、自省を込めて書いておきます。










話は変わりますが、僕の人生の書マスターキートンの愛蔵版が出ました。


正直全巻初版本で持っている僕としては少し悩みましたが、


やはり発売日に買ってしまいました(笑)


でも良いものはいつまでも色あせないですね。