仕事がパッとしない人と話をすると

「○○だったんで(しかたないですよね)。」

的な話し方をする人が多いように思います。



遅刻の理由一つとってもそうです。


「間に合うように乗ったんですが電車が遅れたんで。。。」


「道路が渋滞してて。。。」


1回くらいならそうなのかなーと思いますが、

正直2回、3回と続くと守れないこと(出来ないこと)自体が

仕方ないと思って行動していないですか?


と言いたくなります。


僕はこの「しかたない。」という言葉が嫌いです。

僕達の前の世代は「景気が悪いから仕方がない。」

と口癖のように言っていたのを憶えています。


で、僕達のような不況時代しか知らない年代が出てきて

それなりに活躍するようになると、歳だからしかたないと

言っています。



社会人として仕事をしている限り

仕方ないで済ませられるのはせいぜい

最初の1回くらいだと思います。


その1回のあとは自分の行動でダメだった理由を

考え改善をしないと成長はないと思います。


ここでのコツはあくまでの自分の行動や考え方の


ダメなところだけを考えると言う事です。


正直外部要因は言っても改善のしようなどないですから

言うだけ無駄で言い訳にもなりません。


例)
成績が悪い→景気が悪いから

成績が悪い→上司が悪いから

待ち合わせに遅れた→電車が遅れたから


これでは何にも反省にはなっていません。


僕の考え方はこうです。


成績が悪い→もっとお客様に連絡すれば良かった

成績が悪い→細やかな対応ができなかった

待ち合わせに遅れた→もう1本早い電車で行けば良かった。


このように自分の行動のダメなところに置き換えて考えます。


営業マンで1年目と2年目で2年目の方が成績が悪くなる人が

いますが、理由は簡単で「自分の行動(考え)でダメな理由を考えないから。」

だと思います。



前回はもっとこうすれば良かったという

自分のダメだった理由を考えれば

どんどん人は良くなると思います。


少し説明が分かりづらいかも知れませんが

とにかく結果は自分にしか返ってきませんので

自分自身を改めないともったいないと思います。